• ホーム
  • エチニルエストラジオールとスギ薬局で購入可能な薬と中毒

エチニルエストラジオールとスギ薬局で購入可能な薬と中毒

2019年11月13日

エチニルエストラジオールは前立腺がんや乳癌を治療するための薬でホルモン療法を行うときに服用されてきた薬なのですが、エチニルエストラジオールに関しては乳癌などの新薬の開発がかなり進んでいることもあるので使用されることが少なくなってきたという事実があります。
このエチニルエストラジオールという薬の作用としては乳癌や前立腺がんによって出来てしまった腫瘍の大きさが成長するのを抑制することができるので、がん細胞の増殖の勢いを弱めることができます。

スギ薬局などで購入することができる女性のためのサプリメントには女性ホルモンと同じ作用を持つものが数多く販売されているのですが、これらを飲むことで女性らしい体つきを手に入れることができるとされています。
スギ薬局ではこのように女性のためのサプリメントとして販売されているものを購入することが出来るのですが、これらのサプリメントに関しては女性が飲み過ぎてしまうと乳房のハリを感じてしまったり、生理不順が起きることもあるので適度に飲むことができるように薬剤師などの指導を受けることも大切です。
スギ薬局では薬剤師による処方薬に関する丁寧な説明が心がけられているので、薬による中毒などの心配はないのですが、複数の病院に通院をしている場合には同じ作用の薬が重複してしまうので中毒症状を起こす心配があります。
このような中毒を防ぐためには患者のデータベースの一括管理が必要となるので、マイナンバー制度の運用が始まってから管理方法が改善されることが待たれています。
スギ薬局では病院の処方薬も扱っているのでエチニルエストラジオールなどを処方することもできますが、ガンの薬に関しては多くの場合は院内薬局で処方されています。

関連記事
エチニルエストラジオールと避妊と効果について

エチニルエストラジオールというのは、卵胞ホルモンのひとつになります。エチニルエストラジオールは、産婦人科系の疾患にも効果をもたらします。エチニルエストラジオールは、月経周期異常や子宮内膜賞、月経前症候群などにも効果的なお薬です。服用することにより、女性ホルモン分泌を、とても穏やかにしてくれます。その...

2019年10月18日
エチニルエストラジオールが欲しいときはネットで値段比較

40代、50代と年齢を重ねていくうち、肌トラブルはひどくなるし、疲れやすく、憂鬱な気持ちになるなど、心身ともにすぐれない状態が続いたときは、ホルモンバランスが崩れていることが原因の可能性があります。そんなときはエチニルエストラジオールが効果があるので、美容と健康が気になる女性は使ってみるようにしまし...

2019年09月23日
閉経後の乳がん治療にエチニルエストラジオール

乳がんとは乳腺に発生する悪性腫瘍です。近年、日本では増加傾向にあり女性の罹る割合では胃がん、子宮がんについで第3位です。乳がんの発生は成人女性に多く、50歳前後にそのピークがあります。初潮が早い、閉経が遅い、高年初産、未婚、未産、肥満、放射線被ばくなどが乳がんの発生に関係があるとされています。エスト...

2019年08月06日
エチニルエストラジオールと低用量ピル・排卵後の体

エチニルエストラジオールは、年齢とともに減少する女性ホルモンのバランスを整える薬です。女性も男性も40代あたりから徐々に女性ホルモン、男性ホルモンの分泌量が少なくなり、更年期に入ります。男性の場合にはそれほどでもありませんが、女性は明らかに女性ホルモンの減退による更年期障害があらわれます。エチニルエ...

2019年08月24日
エチニルエストラジオールの効果が弱まる薬

生理による月経痛を緩和させる効果のある薬に配合されている成分に、エチニルエストラジオールがあります。月経困難症に使用される薬には、黄体ホルモン薬のノルエチステロンと卵胞ホルモン薬のエチニルエストラジオールという、2種類の合成女性ホルモンが配合されています。卵胞ホルモンの働きにより卵胞の発育が抑制され...

2019年07月10日
月経困難症、子宮内膜症にもエチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールとは、低用量ピルの一種です。有効成分として卵胞ホルモンや黄体ホルモンといった、女性ホルモンが配合されています。この薬は脳下垂という部分に作用する事で、排卵が起こらないようにする効果があります。そのため避妊作用や、月経困難症・子宮内膜症等の改善に効果があるとされています。具体的...

2019年06月22日
エチニルエストラジオールは避妊薬以外の用途がある

エチニルエストラジオールは、女性ホルモンの一種で卵胞ホルモンとも呼ばれています。経口避妊薬に配合されており、摂取することによって体に「妊娠している」と勘違いさせて妊娠を成立しない役割を持っています。経口避妊薬には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種類が配合されています。この二つのホルモンが、排卵の抑制...

2019年06月10日