エチニルエストラジオールとは、避妊に用いるお薬です。
製品例はトリキュラー錠などです。
作用についてですが、これはいわゆるピルで、少量の卵胞ホルモン薬と黄体ホルモン薬が配合されています。
おもな避妊作用は、排卵を抑え受精の機会をなくします。
その他にも、子宮内膜などに対する作用があります。
避妊効果以外にもプラス効果である副作用があります。
生理痛や生理不順の解消、長期的には卵巣がんの予防効果も期待できます。

特徴としては、用量が3段階の3相性で、自然なホルモン分泌パターンに近いです。
3相性にすることで、ホルモン総量が少なくなっています。

注意点としては、血栓症など持病やアレルギーがある人は、診断時に医師に伝えます。
別の薬を飲んでいる場合も同様です。
卵巣ホルモンによって悪化する子宮がんや乳がんがある場合は、服用を避けます。
乳がんの既往歴や家族歴がある人は、使用にあたり乳がんの検査を行うなど細心の注意が必要です。

ピルには血栓を作りやすくする性質があります。
そのため、血栓症の病気がある人、または血栓症を起こすリスクの高い人は飲めないことになっています。
また、35歳以上で一日タバコを15本以上吸っている人も使用できません。

低用量ピルは、有効成分をぎりぎりまで少なくし、必要最小量で避妊効果を発揮しています。
このため、飲みあわせによる作用の減弱にとくに気を付けなければいけません。
風邪や歯科治療を含め医療機関にかかる時は、ピルを使用していることを必ず伝えます。
確実な避妊効果が得られるのは服用を始めて1週間後からです。
最初の一週間はコンドームなど他の避妊法も併用します。
決められた順で、毎日一定の時刻に服用します。

記事一覧
エチニルエストラジオールが欲しいときはネットで値段比較

40代、50代と年齢を重ねていくうち、肌トラブルはひどくなるし、疲れやすく、憂鬱な気持ちになるなど、心身ともにすぐれない状態が続いたときは、ホルモンバランスが崩れていることが原因の可能性があります。そんなときはエチニルエストラジオールが効果があるので、美容と健康が気になる女性は使ってみるようにしまし...

2019年09月23日
閉経後の乳がん治療にエチニルエストラジオール

乳がんとは乳腺に発生する悪性腫瘍です。近年、日本では増加傾向にあり女性の罹る割合では胃がん、子宮がんについで第3位です。乳がんの発生は成人女性に多く、50歳前後にそのピークがあります。初潮が早い、閉経が遅い、高年初産、未婚、未産、肥満、放射線被ばくなどが乳がんの発生に関係があるとされています。エスト...

2019年08月06日
エチニルエストラジオールと低用量ピル・排卵後の体

エチニルエストラジオールは、年齢とともに減少する女性ホルモンのバランスを整える薬です。女性も男性も40代あたりから徐々に女性ホルモン、男性ホルモンの分泌量が少なくなり、更年期に入ります。男性の場合にはそれほどでもありませんが、女性は明らかに女性ホルモンの減退による更年期障害があらわれます。エチニルエ...

2019年08月24日
エチニルエストラジオールの効果が弱まる薬

生理による月経痛を緩和させる効果のある薬に配合されている成分に、エチニルエストラジオールがあります。月経困難症に使用される薬には、黄体ホルモン薬のノルエチステロンと卵胞ホルモン薬のエチニルエストラジオールという、2種類の合成女性ホルモンが配合されています。卵胞ホルモンの働きにより卵胞の発育が抑制され...

2019年07月10日
月経困難症、子宮内膜症にもエチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールとは、低用量ピルの一種です。有効成分として卵胞ホルモンや黄体ホルモンといった、女性ホルモンが配合されています。この薬は脳下垂という部分に作用する事で、排卵が起こらないようにする効果があります。そのため避妊作用や、月経困難症・子宮内膜症等の改善に効果があるとされています。具体的...

2019年06月22日
エチニルエストラジオールは避妊薬以外の用途がある

エチニルエストラジオールは、女性ホルモンの一種で卵胞ホルモンとも呼ばれています。経口避妊薬に配合されており、摂取することによって体に「妊娠している」と勘違いさせて妊娠を成立しない役割を持っています。経口避妊薬には、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの二種類が配合されています。この二つのホルモンが、排卵の抑制...

2019年06月10日